【鶏口となるも牛後となるなかれ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
鶏口となるも牛後となるなかれ

【読み方】
けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ

【意味】
大きな団体や組織の中で末端として使われるよりも、小さな組織でもその長となるほうが良いというたとえ。

【語源・由来】
「史記(しき)」蘇秦(そしん)
戦国時代に、六国「韓(かん)・魏(ぎ)・趙(ちょう)・燕(えん)・楚(そ)・斉(せい)」が合従(がっしょう)して、大国秦(しん)に対抗すべきだと主張した蘇秦は、韓の宣王に「小国であっても、一国の王として権威を保つべきである。秦に屈服してその家臣に成り下がってはいけない。」と、説いたということに基づく。

「鶏口(けいこう)」とは、鶏の口のことで、小さな組織というたとえ。
「牛後(ぎゅうご)」とは、牛の肛門のことで、強大な者に使われる者のたとえ。

【類義語】
・芋頭でも頭は頭(いもがしらでもあたまはあたま)

【対義語】

【英語訳】
Better be the head of a dog than the tail of a lion.

【スポンサーリンク】

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の使い方

健太
ぼくのサッカーチームの人数がとても少なくなってしまったんだよ。
ともこ
隣のチームは人数が増えているみたいね。
健太
人数は少ないけれど、キャプテンとしてがんばるよ。
ともこ
鶏口となるも牛後となるなかれというものね。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の例文

  1. 祖父はいつも、鶏口となるも牛後となるなかれなのだから、小さな会社でもトップを狙えと話していた。
  2. 鶏口となるも牛後となるなかれだと思って、起業することに決めた。
  3. 強豪チームに入ると試合にはなかなか出られないのだから、人数は少ないけれどこのままこのチームでがんばろうと決めた。鶏口となるも牛後となるなかれだ。

まとめ

たとえ小さな団体や組織だとしても、長になるということは、とても素晴らしいことですね。
鶏口となるも牛後となるなかれということも、自分の能力を発揮するひとつの方法かもしれませんね。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事