【蛇を描きて足を添う】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
蛇を描きて足を添う

「蛇足(だそく)」ともいう。

【読み方】
へびをえがきてあしをそう

【意味】
よけいなつけ足しのこと。
また、なくてもよい無駄なもののこと。
しなくてもいいこと。

【語源・由来】
「戦国策・斉」より出典。
中国の楚(そ)の国で、祠(ほこら)の司祭者が召使に大杯に盛った酒を振る舞った。
しかし、召使たちはみんなで飲むには酒が足りないので、地面に蛇の絵を描き、早く描き上げた者が酒を飲もうと提案し、さっそく蛇の絵を描き始めた。
最初に蛇を描き終えた者が、酒を引き寄せながら、自分の早さを自慢するために、ついでに足まで描けるぞと描いているうちに、もう一人の者が蛇を描き終えて杯を奪い取った。
「蛇に足はない。だから、酒を飲む権利は私にある。」
そう言って、その酒を飲んでしまった。
という故事が由来とされている。

【類義語】
・蛇足をなす(だそくをなす)
・無用の長物(むようのちょうぶつ)

【英語訳】
To put a fifth wheel to the coach.
It is excessive. It is useless. Put a fifth wheel to the coach.

【スポンサーリンク】

「蛇を画きて足を添う」の使い方

ともこ
健太くん、作文を褒められるなんて、珍しいじゃない。
健太
そうなんだよ。書いているうちにとても楽しくなったんだ。
ともこ
とても素晴らしい作品だと思ったけど、最後のお話は余計だったと思うわ。
健太
先生にも、蛇を画きて足を添うで、削除しなさいと言われたよ。

「蛇を画きて足を添う」の例文

  1. その一言は、蛇を画きて足を添うだよ。
  2. あの映画の最後のシーンは、蛇を画きて足を添うだな。
  3. 君はどうして、蛇を画きて足を添うということばかりするんだ。

まとめ

蛇を画きて足を添うというように、余計なことをして物事を台無しにしてしまわないように、注意して生活したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事