【漁夫の利】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

漁夫の利

【読み方】

ぎょふのり

【意味】

当事者同士が争っているうちに、第三者が何の苦労もなく利益をさらってしまう事。

【語源・由来】

中国前漢時代の学者・劉向が戦国時代の遊説の士の言説、国策、献策、逸話などをまとめた書物『戦国策』の『燕策』 より。
「シギがハマグリの肉を食べようとしたが、ハマグリはシギのクチバシを挟んだ。今日も明日も雨が降らなければ水が切れ、死んだハマグリになってしまうだろう、というシギに対し、「今日も明日もクチバシを出せずにいたら、飢えて死んだシギになってしまうだろう」というハマグリ。両者譲らないところに漁師が来て、シギもハマグリもどちらも捕らえてしまった。 」という記述から。

【類義語】
・鷸蚌の争い
・犬兎の争い
・田父の功
・濡れ手で粟
・両虎相闘いて駑犬其の弊を受く
・両虎食を争う時は狐其の虚に乗る

【対義語】
・二兎を追う者は一兎をも得ず

【英語訳】
・Two dogs fight for a bone and the third runs away with it.

「漁夫」は「漁父」と表すこともあります。
また中国前漢時代に、燕国に重用されていた遊説家・蘇代は、燕国への攻撃を思いとどまるよう趙国の恵文王を説得するためにこのことわざを話し、「今、趙国と燕国が争えば、強国の秦が漁夫となって、いとも簡単に両国とも取られてしまう」と説得したとされています。
【スポンサーリンク】

「漁夫の利」の使い方

健太
最近、お母さんとお兄ちゃんが喧嘩ばかりしているんだ。
ともこ
あら、それは大変ね。どんな事で喧嘩をしているの?
健太
お母さんの料理がまずいと、お兄ちゃんが文句をつけて、違う料理を作り出すんだ。おかげで食卓はいつもいっぱいだよ。
ともこ
それはそれは。でも、あなたにとってはいっぱい料理が出てきて、漁夫の利ね。

「漁夫の利」の例文

  1. 2党が足の引っ張り合いをしている間に、あの党が与党となった。まさに漁夫の利だ。
  2. 僕が彼らの争いを傍観し、漁夫の利を狙っていた事は既にお見通しだったらしい。
  3. 結局のところ漁夫の利さながら得したのは、彼女だけである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事