【日照りの朝曇り】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
日照りの朝曇り

【読み方】
ひでりのあさぐもり

【意味】
朝曇っていると日照りになることが多い。

【語源・由来】
夏の朝が曇りだと、昼間は太陽が照りつけ暑くなることが多い。

【スポンサーリンク】

「日照りの朝曇り」の使い方

健太
今朝は曇っているから、少しは涼しくなるかな。
ともこ
日照りの朝曇りといわれるから暑くなると思うわ。
健太
ええーっ。また暑くなるの?
ともこ
人間が、温暖化対策よりも利便性を選んだんだから暑さと付き合っていくしかないわよね。

「日照りの朝曇り」の例文

  1. 日照りの朝曇りというから、日中は暑くなりそうだ。
  2. 日照りの朝曇りというから、植木に水をたっぷりあげよう。
  3. 日照りの朝曇りといわれるので、日差し対策をしっかりする。
  4. 日照りの朝曇りというけれども、このまま天気が崩れて恵みの雨になればいいのに。
  5. 日照りの朝曇りというが、今日も酷暑になるのだろうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪