【年寄りは家の宝】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

年寄りは家の宝

【読み方】

としよりはいえのたから

【意味】

経験の豊かな年寄りは何でもよく知っているため、宝物のような存在だという事。そのため、大切にするべきであるという事。

【類義語】
・年寄のある家には落度がない

【対義語】
・年寄と仏壇は置き所がない
・持仏堂と年寄は置き所無し

【英語訳】
・Old person is treasure of the houses.
・The elderly person is valuable at home.


「年寄りは家の宝」の使い方

健太
先日、僕のおじいちゃんが還暦を迎えて、お祝いをしたんだ。
ともこ
それはめでたいわね。君は昔からおじいちゃんっ子だと言っていたものね。
健太
そうなんだよ。昔から色んな事を教えてくれて、本当に尊敬できる人なんだ。
ともこ
まさに、年寄りは家の宝だね。そんな高齢者にわたしもなりたいわ。

「年寄りは家の宝」の例文

  1. 祖母から戦争の話を聞くたびに、年寄りは家の宝だと思う。
  2. この辺りの土地柄は父よりも祖父の方が詳しい。年寄りは家の宝である。
  3. 年寄りは家の宝なのだから、君も祖父母を大切にして労るべきだと思うよ。
お年寄りを敬うこのことわざから連想されるのが、「敬老の日」ですね。敬老の日とは、9月第3月曜日にある国民の祝日のひとつです。『国民の祝日に関する法律・第2条』のなかで「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としていると記されています。兵庫県多可郡野間谷村にて、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という目的のもと、1947年の(農閑期で日柄の良い)9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりであるとされています。まさに、「年寄りは家の宝」とされていたわけです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事