【一旦緩急あれば】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
一旦緩急あれば

【読み方】
いったんかんきゅうあれば

【意味】
ひとたび大事が差し迫ったならば。「一旦」はひとたび、「緩急」は危険などが近づくこと。

【語源・由来】
史記より。


「一旦緩急あれば」の例文

健太
ともこちゃんには、いつも助けてもらっているから、ともこちゃんに一旦緩急あれば、すぐに飛んでいくよ。
ともこ
本当に?かわいい子が健太くんの前を歩いていても、あきらめて飛んできてくれる?
健太
あー、えーっと、それは、時と場合によるかなあ。
ともこ
・・・あんまり期待していないから無理をしないでもいいわよ。

「一旦緩急あれば」の使い方

  1. 一旦緩急あればの非常のために、この体制が必要なのだから、平穏なうちに、あれこれと試行錯誤しておくべきである。
  2. 近くの城跡は、この地方の王のもとにあった領民の、一旦緩急あればの時の逃げ込み城でもあったようである。
  3. 友人に裏切られた心の傷がまだふさがっていないから、全幅の信頼を置かずに、一旦緩急あればすぐに逃げようという構えは崩さなかった。
  4. いざ鎌倉とばかりに、一旦緩急あればやせ馬に鞭を打ち、いち早く貴方のもとに駆け付け命懸けで戦う所存であります。
  5. 君に、一旦緩急あれば、どこに居ようとも駆けつけるから、困っているときは一人で悩まずに必ず連絡をするように。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事