【火中の栗を拾う】の意味と使い方(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
火中の栗を拾う

【読み方】
かちゅうのくりをひろう

【意味】
自分ではなく他人の利益のために、そそのかされ危険をおかし、酷い目にあうことのたとえ。

【語源・由来】
火中の栗を拾うの語源になったといわれているのが、十七世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌによるフランスの寓話「猿と猫」(Le singe et le chat)。『イソップ物語』をもとにした童話だといわれている。内容としては、一匹の猿と猫が暖炉の前で栗が焼けるのを見ていた。猿は猫をそそのかし、猫に暖炉の中の栗を取らせた。猫はひどい火傷を負った上に、火傷をしながら取った栗は猿に食べられてしまったという猫が踏んだり蹴ったりな話。

【類義語】
・手を出して火傷する
・月夜に釜を抜かれる
・鳶に油揚げを攫われる
・熱鉄を飲む
・白刃を踏む
・一髪千鈞を引く

【英語訳】
・Pull someone else’s chestnuts out of the fire.
・To take a risk for someone.

Pull someone else’s chestnuts out of the fire.
pull ➡ つまみ取る
someone else’s  ➡ 他人の
chestnuts ➡ 栗
out of〜 ➡ 〜の外へ
fire ➡ 火、炎
直訳すると、「火の外へ他人の栗をつまみとる」となる。
※火の中の栗=困難、困っていること(その人にとって)を表している。つまり、「困難から救出する」という意味。

To take a risk for someone.
take a risk ➡ リスクをとる/危険を冒す
直訳すると、「誰かのために危険を冒す」となる。


「火中の栗を拾う」の使い方

健太
はー。ともこちゃん、僕どうしたら良いのかな?
ともこ
健太君、どうかしたの?
健太
友達が、困っているんだ。話を聞くと友達の自業自得で仕方がないんだけど、僕にどうにかしてほしいっていうんだ。
ともこ
そう、そんなことが。健太君、厳しい言い方だけどそのことはその友達の問題なんだから、あえて健太君が火中の栗を拾うことはないと思うの
健太
うん、そうだね。僕の力では助けることはできないって、友達に言うよ。ありがとう、ともこちゃん!

「火中の栗を拾う」の例文

  1. これはあの人自身の問題なのだから、あなたがわざわざ火中の栗を拾う必要などない。
  2. 失敗すると分かっているのに、そのプロジェクトに参加するのは、火中の栗を拾うようなものだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事