【恋に上下の隔てなし】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
恋に上下の隔てなし

【読み方】
こいにじょうげのへだてなし

【意味】
恋する人にとっては身分や階級の上下は関係がないということ。

【類義語】
・色に貴賤の隔てなし
・恋に上下の差別なし


「恋に上下の隔てなし」の使い方

健太
恋に上下の隔てなしっていうけれども、僕のおばあちゃんは、おじいちゃんの家の家政婦さんだったんだ。
ともこ
へえ。よく結婚を許してもらえたわね。
健太
そうなんだよね。駆け落ちをして、結婚を認めさせたらしいよ。おじいちゃんが、後継者として優秀だったから、失うわけにはいかなかったそうだよ。
ともこ
へえ。健太くんのおじいさん、格好いいわね。

「恋に上下の隔てなし」の例文

  1. 恋に上下の隔てなしというけれども、年齢についても同じことが言えそうで、僕のおばあちゃんは79歳で再婚した。
  2. 恋に上下の隔てなしとはいうものの、結婚は親戚、縁者を含めた社会生活の一環として重要な面があるので、当人同士だけが良ければいいというわけにはいかない。
  3. 恋に上下の隔てなしという言葉は知っていたけれども、プリンセスが庶民の家に嫁ぐことが決まり、本当にあり得たんだと驚いた。
  4. 恋に上下の隔てなし、恋は自由にすればいいが、結婚相手はわしが決める。
  5. 恋に上下の隔てなし、周囲の二人の交際への反対が、余計に若い二人の愛情を燃え上がらせたのだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事