【君子は人の美を成して、人の悪を成さず】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
君子は人の美を成して、人の悪を成さず

【読み方】
くんしはひとのびをなして、ひとのあくをなさず

【意味】
君子は、人に美点や長所があればそれを助けて伸ばしてやり、美点長所が完成するように努める。人に悪い点や欠点があれば、それをいさめたり補ったりして、悪徳が完成しないように努める。一方小人は、その反対のことをする。人に美点や長所があれば、ねたんで邪魔をし、美点、長所が完成しないように画策する。人に悪い点や欠点があれば、非難したり大げさに騒ぎ立てて孤立させ、悪徳の完成を手助けする。

【語源・由来】
孔子「論語」より。子曰わく、君子は人の美を成して、人の悪を成さず。小人は是れに反す。

【スポンサーリンク】

「君子は人の美を成して、人の悪を成さず」の使い方

健太
彼が失敗してくれれば、僕がリレーの選手になることができる。こけろー。
ともこ
健太くん。君子は人の美を成して、人の悪を成さずよ。彼の失敗をねがってはいけないわ。
健太
そうだね。僕としたことが・・・。実力でリレーの選手にならないといけないよね。
ともこ
そうよ。がんばって。

「君子は人の美を成して、人の悪を成さず」の例文

  1. 君子は人の美を成して、人の悪を成さず、人の成功を妬まず、願える人間でありたい。
  2. 君子は人の美を成して、人の悪を成さずは、生徒を指導する先生にとって大事な心構えだ。
  3. 君子は人の美を成して、人の悪を成さず、人の失敗を喜ばず、フォローできる大きな人間になりたい。
  4. 君子は人の美を成して、人の悪を成さず、相手の欠点を個性と認め、助け合う世界にしたいんだ。
  5. 君子は人の美を成して、人の悪を成さず、欠点を見つけて、批判するのは簡単だけど、認めることは難しいよ。
  6. 君子は人の美を成して、人の悪を成さず、これができれば、いじめはなくなるんじゃないだろうか。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事