【葷酒山門に入るを許さず】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
葷酒山門に入るを許さず

【読み方】
くんしゅさんもんにいるをゆるさず

【意味】
ねぎやにんにくなどの臭いの強い野菜(葷)と酒は仏道修行の妨げになるので、寺の門から中に持ち込んではならないという意味。

「山門」は、お寺の正門。

【語源・由来】
「荘子」人間世より。「葷」はねぎ、にら、にんにくなどのこと。漢文では「不許葷酒入山門」と書き、禅寺などの門のわきに石に刻んで掲げられている。


「葷酒山門に入るを許さず」の使い方

健太
ともこちゃん。何段の階段をのぼったかなあ。やっとお寺の門が見えてきたよ。
ともこ
かなり大変だったわよね。あっ、門に何か書いてあるわよ。
健太
葷酒山門に入るを許さずだって。あれっ。さっき食べたお弁当に、ニンニクが使われていたよね。
ともこ
ええー。せっかくここまでのぼってきたのに、入ることができないなんてー!

「葷酒山門に入るを許さず」の例文

  1. これから行く禅寺には、葷酒山門に入るを許さずという碑が建っているから、新幹線の中でビールを飲んだ君は、入ることができないね。
  2. 葷酒山門に入るを許さずというのに、君はリュックサックにお酒を入れたまま門をくぐったのか。
  3. 葷酒山門に入るを許さずとお寺の入り口に書いてあるが、お寺の息子である彼は、給食でニラとニンニクが入ったギョーザを食べていたよ。
  4. 葷酒山門に入るを許さずというから、レバニラを食べた僕は、山の上の寺までのぼらずにこの辺で時間を潰しているよ。
  5. 葷酒山門に入るを許さず、お寺宛に、お歳暮に酒を送ってくるとは何事だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事