【君子は豹変す】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
君子は豹変す

【読み方】
くんしはひょうへんす

【意味】
教養人がはっきりと過ちを改め、善を行なうさまのきわだっていること。

通常、良いほうへ変わる場合にもちいるが、現在は本義の使用法ではなく、悪いほうに変わる場合も用いている。

【語源・由来】
「易経(天文・地理・人事・物象を陰陽変化の原理によって説いた書)・革卦」より。
教養人が善を行なうようになり、過ちを改めるようになるということは、ちょうど豹の皮のように、美しくこころから改めるが、教養のないものは、ただ外形・容貌を改めるだけだ。

豹は寅に似てやや小さく、背に美しい斑点をもつ猛獣。
豹の毛皮の模様がはっきりと目立つように、はっきりと性格が変わることをあらわしている。

【類義語】
・豹変

【対義語】

【英語訳】
・The wise man changes his mind,a fool never.
・The true man is found in his place anywhere.

「君子は豹変す」の使い方

健太
ともこちゃんの親戚のおじちゃんはいつ会っても楽しいなぁ!
ぼくおじちゃんが大好きなんだ。
ともこ
またおじちゃんが遊びに来たら、健太君に会いに行くわ。
おじちゃんも健太くんと一緒に遊ぶのを楽しみにしてるのよ。
健太
ぼくのお父さんも、あんなに立派な人間にはなかなか会うことはない。って感心していたよ。
ともこ
親戚の家では、おじちゃんはみんなに君子は豹変すって言われてるの。
昔は餓鬼大将で、悪いことばかりしていたんですって。

「君子は豹変す」の例文

  1. 彼はおそらく、もうわたしたちのもとへは戻って来ないと思う。
    君子は豹変すといって、彼は自分のしたことを深く反省しただけでなく、これからは自分に厳しく生きることを科して、旅に出てしまったんだ。
  2. あの総理はこの問題を知った以上、もうこの政策を一歩も推し進めることはできないのです。
    君子は豹変すということです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事