【国破れて山河あり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
国破れて山河あり

【読み方】
くにやぶれてさんがあり

【意味】
内乱や戦いで国は滅び、城はもとの姿ではないが、自然はそのままだ。
国の戦乱と自然の悠久とを対比し、感慨深くいう言葉。

【語源・由来】
杜甫の詩「春望」より。

国破れて山河あり
城春にして 草木深し
時に感じて 花にも涙を濺ぎ
別れを恨んで 鳥にも心を驚かす
烽火 三月に連なり
家書 万金に抵る
白頭掻いて 更に短かし
渾べて簪に 勝えざらんと欲す

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
・The country is destroyed,yet mountains and rivers remain and spring comes to the castle,the grass is green again.

「国破れて山河あり」の使い方

健太
今日は学校で、戦争を体験したひとの本を読んだよ。
そのひとは日本に帰ってきて、国破れて山河ありという、中国の詩人の言葉が口をついて出た。って書いてた。
ともこ
人間のやることは愚かなことが多いけど、自然はそういったことに振り回されず、大らかにしっかりと続いてるから、きっとその詩を思い出したんでしょうね。
健太
どうしてそのひとは、大昔の中国の詩人の気持ちがわかるの?
ともこ
どこの国でも、それぞれに大きな苦しみを味わってきた歴史があるから、みな同じ気持ちになるのよ。

「国破れて山河あり」の例文

  1. わたしは今まで、あの仕事に夢中になりすぎていました。体を壊して、ふと自分の身の回りのことへ目をむけると、日常の尊さが身にしみます。
    国破れて山河ありではないですが、自分が夢中になり翻弄されていたことで失われた時間が虚しいのです。
  2. 彼は戦争から戻ってきて、それ以後はこの小さな自分の田舎から他
    外へ出ることは1度もありません。
    国破れて山河ありと言って、山の生活や畑仕事で感じる四季のうつろいを味わえることに、日々感謝して過ごしているようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事