【泣き面に蜂】の意味と使い方に例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
泣き面に蜂
(泣きっ面に蜂)ともいう

【読み方】
なきつらにはち
(なきっつらにはち)ともいう

【意味】
苦痛で泣いている人や、辛い出来事があって泣いている人の所に蜂が飛んできて、その人を刺してさらに苦痛を与えることです。
そこから、悪い事が起きた中で、更に悪い事が重なって起きる様子を表します。
泣きっ面を蜂が刺すとも。

【語源・由来】
「江戸いろはかるた」の中のひとつです。
諸説ありますが、「江戸いろはかるた」は江戸時代中期にできたとされます。

【類義語】
・痛い上に針
・痛い上の針
・痛む上の針
・踏んだり蹴ったり
・弱り目に祟り目
・一難去ってまた一難
・痛む上に塩を塗る

【対義語】
・鴨が葱を背負ってくる
・棚からぼたもち
・漁夫の利[/aside]

【英語訳】
This is like being kicked when I’m already down [having salt rubbed into a wound.
When it rains, it pours.
It never rains but it pours.
Misfortunes never come alone.
One misfortune rides upon another’s back.


「泣き面に蜂」の使い方

ともこ
あらら、今にも泣きそうな顔ね。
健太
買ったばかりのバッグ、川に落としちゃった。流れが速くて拾えなかったよ。
ともこ
それは気の毒ね。でも健太君まで一緒に落ちなくて良かった。
健太
買ったばかりの新しいスマホもバッグの中に入ってたんだよ~。泣きっ面に蜂だよ~!

「泣き面に蜂」の例文

  1. 企画が頓挫してみんな暗い気持ちになっているし、部長は俺を責めるような目で見てるし、まったく泣きっ面に蜂だよ。
  2.  僕を振った女の子が、僕の大嫌いな奴と付き合い始めたって知って、もう泣きっ面に蜂だよ。
  3.  電車の中に傘を忘れてしまい、土砂降りの中トボトボと歩道を歩いていたら、横を通った車に思いっきり泥水をかけられて泣きっ面に蜂だった。
  4.  自転車を盗まれてしまい、1時間かけてやっと家に着いたのに、鍵をなくして家に入れなかった。泣きっ面に蜂とはこの事だ。
  5.  彼氏に別れ話を切り出され、自棄になってお酒を飲んだら泥酔してしまい、転んだ拍子に買ったばかりのハイヒールのかかとが折れてしまいました。そのうえ路地裏で吐いてしまい、泣きっ面に蜂です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事