「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【猫に小判】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語)

猫に小判

【ことわざ】
猫に小判

【読み方】
ねこにこばん

【意味】
どれほど貴重なもの・高価なもの・価値のあるものでも、持ち主がそれを知らなければ何の値打ちもないことを意味します。
すばらしいものを見せても、効果や反応がない事を意味することもあります。

【語源・由来】
猫の前に小判を置いても、その価値が分からないので何の反応もなく、また猫にとって何の意味もなく、何の役にも立たないことに由来しています。
「上方いろはかるた」の中の「ね」です。

【類義語】
・猫の前に小判
・犬に小判
・豚に真珠
・牛に対して琴を弾ず
・牛に説法馬に銭
・馬の目に銭
・猫に胡桃をあずける
・犬に念仏猫に経
・犬に論語
・兎に祭文
・牛に経文
・牛に麝香
・馬の耳に風
・馬の耳に念仏
・猫に石仏
・豚に念仏猫に経

【英語】
A barleycorn is better than a diamond to a cock.(雄鶏にとっては、一粒の大麦のほうがダイヤモンドよりも価値がある)

【スポンサーリンク】

「猫に小判」の使い方

健太
ともこちゃん見て見て!おばあちゃんにナイキのバスケットシューズ買ってもらったんだ!
ともこ
あれ、それ2万円位する高いやつじゃない。
健太
へ~そうなんだ~良く分かんないけど何かカッコいいから気に入ってるんだ。
ともこ
まるで猫に小判ね。

「猫に小判」の例文

  1. とても素敵なアンティークのブローチだが、新しいもの好きな私の妻にプレゼントしても、猫に小判でこの価値なんて分からないのだろうな。
  2.  若い頃から苦労して会社をここまで大きくした社長のサクセスストーリーを、若い社員はあくびをしながら聞いている。まったく貴重な話を聞き流すとは猫に小判だな。
  3.  ペットのトイプードルにGUCCIの首輪をつけている飼い主を見かけたけど、猫に小判で犬にはその価値なんて分からないよね。
スポンサーリンク

Twitterで毎日ことわざクイズを配信♪




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪