「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【念の過ぐるは無念】の意味と使い方や例文(語源由来)

「念の過ぐるは無念」の意味(語源由来)

意味

【ことわざ】
念の過ぐるは無念

【読み方】
ねんのすぐるはむねん

【意味】
考えすぎると、何も考えないのと同じようになる。程度が過ぎると、かえって足りないのと同じようになる。

ことわざ博士
「念の過ぐるは無念」という言葉は、物事に対して気を遣い過ぎると、逆に間抜けな失敗をしてしまうことを意味しているんだよ。
助手ねこ
ほなら、物事に対して気を使い過ぎると、かえって変なミスをしてしまうってことやな。程よい注意が一番ええってことやね。

過ぎたるは及ばざるが如しって言うように、何事も度を越すといい結果にならへんってことやな。バランスが大事やってことや。

【類義語】
・過ぎたるは猶及ばざるが如し

【スポンサーリンク】

「念の過ぐるは無念」の解説

カンタン!解説
解説

「念の過ぐるは無念」という表現は、物事に対してあまりにも多くの注意や心配を払い過ぎると、かえって愚かなミスを引き起こす可能性があるという意味を持っているんだ。このことわざは、何事も適度が大切で、過度の心配や注意が逆効果になることを警告しているんだよ。

この表現は、「過ぎたるは及ばざるが如し」という諺にも似ていて、過度なことが逆に不足することと同じくらい良くないという考えを示しているんだ。つまり、あまりにも細かく注意を払い過ぎると、肝心な点を見逃したり、本来の目的から逸れたりすることがあるということだね。

たとえば、試験勉強で細部にこだわりすぎて全体の理解を欠く場合や、プロジェクトで小さな詳細に囚われすぎて大きな目標を見失うような状況が、「念の過ぐるは無念」に当てはまるんだよ。

このことわざは、バランスを重視し、物事に対する適切な注意と配慮の度合いを見極めることの重要性を教えてくれているんだね。それは、極端な心配や注意がかえって問題を引き起こす可能性があることを意識することを示しているんだよ。

「念の過ぐるは無念」の使い方

健太
うーん。
ともこ
何を悩んでいるの?
健太
どうすれば頭が良くなるか考えているんだ。
ともこ
念の過ぐるは無念というし、あんまり考えすぎない方が良いわよ。そもそも毎日の宿題をしないことが、成績がぱっとしない原因だと思うわ。
【スポンサーリンク】

「念の過ぐるは無念」の例文

例文
  1. 石橋を叩いて渡るのはいいことだが、念の過ぐるは無念というし、石橋を叩きすぎて粉々になったら渡れなくなる。
  2. 念には念を入れて子育てをしていたが、念の過ぐるは無念のごとく過保護になり子供にとって悪影響でしかなかった。
  3. あらゆる可能性を考えて対策を講じたが、念の過ぐるは無念のようにミスがあった。穴があったら入りたい。
  4. あれほどしっかり確認したのに、念の過ぐるは無念のごとく穴だらけだった。
  5. 何事もほどほどがいいよ。念の過ぐるは無念というし、悩んだり心配し過ぎると良くない結果になる。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪