【鬼も十八番茶も出花】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
鬼も十八番茶も出花

【読み方】
おにもじゅうはちばんちゃもでばな

【意味】
どんなものにも、その魅力がいちばん発揮される時期があるということ。女性は誰でも年ごろになると、色気や魅力が出てくるというたとえ。

【語源・由来】
醜い鬼の娘でも、十八歳ごろには美しくなり、質の良くない番茶でもお湯を入れたばかりのときならけっこう美味しいということから。

【類義語】
・薊の花も一盛り(あざみのはなもひとさかり)
・鬼も十八(おにもじゅうはち)

【英語訳】
Everything has its time.
Everything is good in its season.

【スポンサーリンク】

「鬼も十八番茶も出花」の使い方

健太
さっきともこちゃんのおばあちゃんに会ったよ。
ともこ
あら、そうなの?
健太
ともこちゃんはとても素敵ですねと言ったら、鬼も十八番茶も出花となりましたからと話していたよ。
ともこ
まあ、そんなことを言っていたの。

「鬼も十八番茶も出花」の例文

  1. うちの娘も、鬼も十八番茶も出花で恋人ができたようです。
  2. 鬼も十八番茶も出花といいますが、孫もやっと結婚が決まりました。
  3. 鬼も十八番茶も出花というけれど、姉はこの頃きれいになったと思う。
「鬼」や「番茶」など、ほめ言葉には使えないので注意が必要。
本人や両親の前で、
「鬼も十八番茶も出花といいますが、とてもきれいになりましたね。」
などと使うと、元がひどかったと受け取られてしまい、とても失礼なので注意が必要。

まとめ

鬼も十八番茶も出花というように、年ごろの女性は特に魅力的に見えるのではないでしょうか。
しかし、年ごろを過ぎてしまってからも、いつまでも魅力的で美しくいられるように努力したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事