【親子は一世、夫婦は二世、主従は三世】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
親子は一世、夫婦は二世、主従は三世

【読み方】
おやこはいっせ、ふうふはにせ、しゅじゅうはさんぜ

【意味】
親子の関係は現世だけのこと、夫婦の関係は前世と現世もしくは現世と来世の二世に渡ることで、主従の関係は前世と現世と来世の三世に渡るほど深いものだというたとえ。

【語源・由来】
封建社会の時に、主従関係を強調するために使われた言葉。

【類義語】
・親子は一世(おやこはいっせ)

【英語訳】
Parent and child’s relation is only this world.

【スポンサーリンク】

「親子は一世、夫婦は二世、主従は三世」の使い方

健太
ぼくはこれから、師匠についていくことにするよ。
ともこ
あら、健太くん。急にどうしたの?
健太
今よりももっとサッカーがうまくなるために、弟子になることにしたんだ。
ともこ
親子は一世、夫婦は二世、主従は三世というから、その関係を大切にしなければいけないわ。

「親子は一世、夫婦は二世、主従は三世」の例文

  1. 親子は一世、夫婦は二世、主従は三世というように、先生にはとてもお世話になっている。この恩は一生忘れることはないだろう。
  2. 親子は一世、夫婦は二世、主従は三世というように、あなたに一生ついていきたいと思っています。
  3. 師匠と呼べる人に出会えたことに、深い縁を感じます。これは、親子は一世、夫婦は二世、主従は三世ということかもしれません。
  4. 親子は一世、夫婦は二世、主従は三世といいますように、ずっと社長についていきたいです。
  5. すばらしい先生に巡り合えました。親子は一世、夫婦は二世、主従は三世ということでしょうか。

まとめ

人の縁というものは、とても不思議なものではないでしょうか。
親子は一世、夫婦は二世、主従は三世というように、前世と現世と来世という三世に渡るほど深い主従関係に巡り合うこともあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事