【溺れる者は藁をも掴む】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
溺れる者は藁をも掴む

【読み方】
おばれるものはわらをもつかむ

【意味】
非常に困難な状況に追い込まれた人は、普段なんの役にも立たないと見放されているものにでも、頼ろうとするものだ。

【語源・由来】
明治時代に英語のことわざが訳されて伝わった。
「わらしべ長者」などおとぎ話にもあるように、1本の藁は取るに足らないもののたとえとして、日本でも外国でも同じようにイメージしやすいもの。

【類義語】
・転ぶ者は藁掴む
・苦しいときの神頼み
・今際の念仏誰でも唱える

【対義語】
・のどもと過ぎれば熱さを忘れる

【英語訳】
・A drowning man will clutch at a straw.

【スポンサーリンク】

「溺れる者は藁をも掴む」の使い方

健太
ともこちゃんお願いがあるんだ!
ちょっとぼくと一緒に来て野球の試合に出てよ。
ともこ
健太くんたら何言ってるの?わたし野球なんてやったこと無いのよ。
健太
今となりの学校の子たちと戦ってるんだけど、ぼくらのチームの子が足を挫いてしまったんだ。
とりあえず来て守ってくれさえすればいいから、お願いだよ。
ともこ
溺れる者は藁をも掴むってことね。不安だけど・・・頑張ってみるわ。

「溺れる者は藁をも掴む」の例文

  1. 溺れる者は藁をも掴むということだろう。
    あんなに嫌っていた父親に頼みに来るなんて、彼も余程困っているんだ。
  2. こんなに待っても働き手がこないんだ。溺れる者は藁をも掴むで、仕方ないから、彼をもう1度雇うことにしよう。
  3. 私もジョギングになんて全く興味がなかったんだが、健康診断の結果があまりにも悪かったから、溺れる者は藁をも掴む想いで始めてみたんだよ。

まとめ

もともとは文語的な言い方で「溺るる者は藁をも掴む」でしたが、
前半は口語的表現の「溺れる」にかわり、後半部分は古い表現そのままに「藁をも」です。そのままの方がかえって意味がつよめられて感じが出ているので、変わらずに使われているのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事