【小田原評定】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
小田原評定

「小田原評議(おだわらひょうぎ)」ともいう。

【読み方】
おだわらひょうじょう

【意味】
多くの人が集まって話し合いや相談をしているが、時間ばかりかかってなかなか結論がでないこと。また、その話し合いの内容の低さを皮肉ること。

【語源・由来】
戦国時代に、相模(さがみ・神奈川県)の小田原城の北条(ほうじょう)氏が、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の軍勢に攻められて包囲されたときに、戦いを続けるか和睦(わぼく)すべきかを相談していたが、なかなか意見がまとまらなかったことで、ずるずると滅亡に落ち込んだ、という故事に基づく。

【英語訳】
Inconclusive discussion.


「小田原評定」の使い方

健太
明日の試合ではどうすれば勝てるのか、話し合いをしているんだ。
ともこ
もう5時間も話し合っているようだけど。
健太
これだけ人数がいて、長い時間をかけて話し合っているのに、ちっともいい作戦が浮かばないんだ。
ともこ
そんな小田原評定をしていないで、練習したほうがいいかもしれないわ。

「小田原評定」の例文

  1. 一晩中、小田原評定をしていても、なんの解決にもならないじゃないか。
  2. 次の企画のアイディアを考えているけれど、会議は小田原評定になっている。
  3. これほど有能な人が集まっているのに、小田原評定をしていてはなんの足しにもならない。
  4. このまま小田原評定を続けていては、なにも決まらないじゃないか。
  5. 新商品について考えているけれど、小田原評定となっている。

まとめ

話し合いをするときには、それぞれ思うことを言い合うのではないでしょうか。
よいアイディアや決め手がない場合には、なかなか結論がでないこともあるのではないでしょうか。
しかし、小田原評定となっていてはなにも始まりません。
みんなで意見を出し合い、よい結論を導けるようにしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事