【生は難く死は易し】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
生は難く死は易し

【読み方】
せいはかたくしはやすし

【意味】
苦しみに耐えて生きるのは、苦しみに耐えられず死を選ぶよりもむずかしい。


「生は難く死は易し」の使い方

健太
毎日つらいなあ。この世から消えてしまいたいなあ。
ともこ
生は難く死は易しよ。死ぬのは簡単だけれども、健太くんはまだ恋もしていないのよ。がんばって苦しみに耐えて、幸せの瞬間を手に入れましょうよ。
健太
恋?かわいい子とデートがしてみたい!
ともこ
そうよ。そのためにはがんばって生きるのよ。がんばれ、健太くん。

「生は難く死は易し」の例文

  1. 生は難く死は易し、死ぬことは逃げること、一緒に戦うからがんばって生きよう。
  2. 長生きすればするほど苦労に合うことが多い、生は難く死は易しとは本当だが、思い出すだけで輝いて見える思い出もまた少なくない。
  3. 生は難く死は易し、生きることは難しい、だからこそ同じ人間同士、思いやりをもって協力しあって生きていこう。
  4. 生きることはそれだけで苦行、生は難く死は易し、安易に死に逃げずに苦難に立ち向かっていく勇気が欲しい。
  5. 生は難く死は易し、家族のために死を選ばず、生きて苦難と戦いたい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事