【急いては事を仕損じる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
急いては事を仕損じる

【読み方】
せいてはことをしそんじる

【意味】
物事を焦って急ぐと、失敗しやすいというたとえ。

【語源・由来】
焦っているときほど、じっくり落ち着いて物事に取り組むべきという教え。

【類義語】
・急がば回れ(いそがばまわれ)
・急ぐことはゆるりとせよ
・走れば躓く(はしればつまずく)

【対義語】
・思い立ったが吉日(おもいたったがきちじつ)
・先んずれば人を制す(さきんずればひとをせいす)
・先手必勝(せんてひっしょう)
・善は急げ

【英語訳】
Haste makes waste.

「急いては事を仕損ずる」「急いては事を過つ」ともいう。

「急いては事を仕損じる」の使い方

健太
ど、どうしよう!
大切な試合の日なのに、寝坊しちゃった!
ともこ
健太くん、まずは落ち着いて。
健太
間に合わなかったら、試合に出られなくなっちゃうよ!
ともこ
急いては事を仕損じるよ。
まずは、支度をしましょう。

「急いては事を仕損じる」の例文

  1. 初めての山登りは早く頂上にたどり着きたくなるけれど、急いては事を仕損じるというから、ここでしっかり一休みをしてから出発しよう。
  2. 急いては事を仕損じるから、明日の会議の準備は慎重に進めよう。
  3. 予想を上回る人が集まって、記念品の準備が間に合っていないけれど、急いては事を仕損じるというから落ち着いて準備を進めよう。
  4. 恋人ができたから、さっそく結婚指輪を買って、結婚式場を予約しようと思っていたのに、急いては事を仕損じるなのだから、まずはプロポーズが先だと友人に言われた。
  5. 待ちに待った世界最高峰への登頂は、急いては事を仕損じることのないように、天気が回復するまで待とう。
「いそいで事を仕損じる」は誤り。

まとめ

焦れば焦るほどに、冷静さを失ってしまうことがあるのではないでしょうか。
わかっていても、時間や期限が迫ると慌ててしまいますね。
しかし、慌てて物事を進めてしまうことによって、ミスをしてしまいさらに時間がかかる場合も考えられます。
焦るときほど、冷静になれるように日ごろから心がけておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事