【敷居が高い】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
敷居が高い

【読み方】
しきいがたかい

【意味】
相手に迷惑をかけたり失礼なことをしたりして、その人の家に行きづらくなったり、その人に会いにくくなったりすることの例え。

用例:頼まれたことをまだやっていないので、敷居が高くて、先輩の家に行きづらい。

【語源・由来】
玄関の敷居が高いので、またいで入りにくいという意味から。

「敷居」とは門の内外を区切り,また部屋を仕切るために敷くもので溝やレールをつけて戸・障子・襖(ふすま)などを受ける横木のことを指します。古くは閾(しきみ)といわれました。敷居が一般化するのは、室町時代に書院造(しょいんつくり)が確立し、引き戸が用いられるようになってからです。武家社会の浸透とともに普及しました。

【英語訳】
英語訳は Having a high threshold. という日本語と同じものがありますが、意味は「高級すぎて入りにくい。高すぎて入りにくい。」であり日本語の意味と全く違います。ネイティブには I feel awkward to go to his house.(彼の家には行きにくいね。) とか I felt hesitant to go to his house. (彼の家にいくのに躊躇(ちゅうしょ)した。) といえば日本語の意味合いが通じます。

「敷居が高い」の使い方

健太
また先生に呼ばれた。
ともこ
どうしたの。
健太
算数の宿題忘れたからだな。
ともこ
またなの。職員室の敷居が高くなるね。

「敷居が高い」の例文

  1. しばらくご無沙汰しているので、先輩の家に行くのは敷居が高いな。
  2. いただいた贈り物のお礼を言い忘れていたので、あの人に会うのは敷居が高い
  3. 取引先にお詫びに行かなければいけないのは分かっているが、敷居が高くてなかなか初めの一歩がでない。
  4. 敷居が高く感じる理由は分かっています。でも越えなければ関係改善はできませんよ。
  5. ご無沙汰しておりました。敷居を高くしてしまいまして大変失礼しました。

まとめ

同じ表現でも英語と日本語では意味が全く違います。でも最近では日本語でも「敷居が高い」ということばを英語の意味で使っている場合があります。国際化社会の自然の流れでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事