【辛抱する木に金がなる】の意味と使い方の例文 

【ことわざ】
辛抱する木に金がなる

【読み方】
しんぼうするきにかねがなる

【意味】
辛抱して頑張れば、お金も入ってくるものだということで、何事にも辛抱強さが大切だという教え。

【語源・由来】
「木」と「気」をかけて言ったもの。

【類義語】
・石の上にも三年
・茨の中にも三年の辛抱
・火の中にも三年

【スポンサーリンク】

「辛抱する木に金がなる」の使い方

健太
あーあ。やーめた。僕にはコツコツ勉強することは向いていないんだよ。
ともこ
健太くん。辛抱する木に金がなるといわれているのよ。辛抱してがんばれば、いつかは何かを成し遂げることができるものよ。
健太
そうなの?それ本当?お金のために僕、がんばる!
ともこ
単純ねえ。

「辛抱する木に金がなる」の例文

  1. 辛抱する木に金がなる、辛抱強くコツコツとがんばれば いつかは財産を持てるものだ。
  2. 辛抱する木に金がなる、育てることが難しいという花を辛抱強く育てたおかげで、見事な花が咲いて多くの人を驚かせることができた。
  3. 辛抱する木に金がなる、毎日コツコツがんばったおかげで、最年少世界記録をたたきだすことができた。
  4. 辛抱する木に金がなる、才能なんてありませんでしたが、毎日続けたおかげで今の成功があったと思います。
  5. 辛抱する木に金がなる、どんなにつらくてもがんばり続けたからこそ、今の成功がある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事