【獅子の子落とし】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
獅子の子落とし

【読み方】
ししのこおとし

【意味】
自分の子供にわざと苦しいことをさせて、その能力を試し鍛え、立派な人間に育てようとすることのたとえ。

【語源・由来】
「太平記・十六」
「獅子は子を産んで三日を経るとき、万じんの石壁より母これを投ぐるに、その獅子の幾分あれば、教へざる中より身を翻して、死することを得ずといへり」
とある。
獅子は自分の子供を深い谷へ投げ込み、そこから這い上がってきた子だけを育てるといわれることが由来。

【類義語】
・かわいい子には旅をさせよ
・親の甘いは子に毒薬
・若い時の苦労は買ってもせよ
・親の甘茶が毒となる

【英語訳】
Spare the rod and spoil the child.

「獅子」とは、ライオンのこと。
実際には、ライオンの母親は子煩悩で、父親は見た目によらず意気地がないので、子を谷に落とすことはできない。
かわいい我が子に、あえて試練を与え試そうというのは、深い知恵や道理を持つ人間だからこそできること。
【スポンサーリンク】

「獅子の子落とし」の使い方

健太
昨日はとても大変だったよ!
テストで間違えた問題を、自分で解くまでおやつは抜きってお母さんに言われたんだ。
ともこ
それで、問題は解けたの?
健太
うん、もちろん!がんばって解いたよ!
ともこ
獅子の子落としというものね。

「獅子の子落とし」の例文

  1. 心配だけれど、獅子の子落としというように、ひとりで祖父の家まで旅行をさせてみよう。
  2. 子供はあまり甘やかさないで育てたほうがきっといい。獅子の子落としというじゃないか。
  3. 海外留学なんて、とても心配だけれど、獅子の子落としできっといい経験になるよ。
  4. なんだか悩んでいるみたいだけど、すぐに手助けをしないで、獅子の子落としで少し見守っていよう。
  5. 獅子の子落としというけれど、子供が苦労している姿を見ているのは、とてもつらいものだ。
子供をいじめるという意味で使うのは誤り。
「あの親は獅子の子落としで、子供をいじめてばかりいる」は誤り。

まとめ

我が子のことは、辛いことや厳しいことから守ってあげたいと思うのが、親心ではないでしょうか。
しかし、子供が立派な大人に育つためには、獅子の子落としが必要な場合もあるのではないでしょうか。
我が子ならばどんな試練でもきっと乗り越えられると、信じて見守りたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事