【その手は桑名の焼き蛤】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
その手は桑名の焼き蛤

【読み方】
そのてはくわなのやきはまぐり

【意味】
うまいことをいっても、そんな計略には引っかからないというたとえ。

【語源・由来】
「食わない」という言葉に、「桑名(現在の三重県桑名市)を掛けて、さらに桑名の名物である焼き蛤をかけて言った言葉。

「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)」では、弥次郎兵衛・喜多八も桑名で焼き蛤を肴に酒を酌み交わしたという。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
An old fox is not easily snared.
It is not deceived even if it says a nice thing. Because the baked clam of Kuwana is delicious.

「焼き蛤」とは、殻付きのはまぐりを枯れた松葉や松笠(まつかさ)を燃やしながら焼いたもの。

「その手は桑名の焼き蛤」の使い方

ともこ
健太くんって、最近とてもかっこよくなったと思うわ。
健太
ともこちゃん、褒めてくれているようだけど、急にどうしたの?
ともこ
いつも優しくて、素敵よね。
健太
そう褒めておいて、本当はプレゼントが欲しいようだけど、その手は桑名の焼き蛤だよ!

「その手は桑名の焼き蛤」の例文

  1. 妹が急にぼくのことを優しいお兄ちゃんと呼ぶなんて、小遣いが欲しいに決まっている。しかしその手は桑名の焼き蛤だよ。
  2. 母がお小遣いをくれると言うけれど、なにか頼み事があるに違いない。その手は桑名の焼き蛤だ。
  3. 父は新しいゴルフクラブを、母に見つからないように隠しているところを見てしまった。お小遣いで私に秘密を守らせようとするなんて、その手は桑名の焼き蛤よ。

まとめ

あの手この手でうまいことを言って、騙してしまおうと考えていることがあるかもしれません。
しかし、その手は桑名の焼き蛤というように、簡単には騙されないように気を付けたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事