【滄海変じて桑田となる】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
滄海変じて桑田となる

【読み方】
そうかいへんじてそうでんとなる

【意味】
青々とした大海が干上がって桑畑になるということから、世の中の移り変わりの激しいたとえ。

「滄海」は、大海原(おおうなばら)。

【語源・由来】
中国の「神仙伝」から。

【類義語】
・滄桑の変(そうそうのへん)
・桑田碧海
・桑田変じて滄海となる


「滄海変じて桑田となる」の使い方

健太
あれっ。この辺は、去年、ともこちゃんとつくしを取りに来た野原じゃなかったっけ?
ともこ
あらあら。びっくりだわ。マンションがたくさん建っているわね。滄海変じて桑田となるとはこのことね。なんだか寂しいわ。
健太
おじいちゃんが、昔はこの辺は森も田畑もあったのに、今ではマンションやビルばかりで子どもの遊び場が無くなってしまったって嘆いていたよ。
ともこ
便利さばかりを求めた開発はだめよね。よしっ。もっと勉強してこの町を住みやすい町に変えるわよ!

「滄海変じて桑田となる」の例文

  1. 滄海変じて桑田となる、この前までテープで音楽を聴いていた気がするのに、今ではカードのような薄い機械で音楽を聴く時代になった。
  2. 久しぶりに故郷を訪ねてみたら、高層マンションが立ち並んでいた。滄海変じて桑田となるとは、まさにこのことか。
  3. 滄海変じて桑田となる、何か工事をやっているなと思ったら、あっという間に海が埋め立てられ、空港ができた。
  4. 滄海変じて桑田となる、時代があまりにも速く動くので、法律の改正が追い付かない。
  5. 滄海変じて桑田となる、電話が持ち運べるようになり、さらにいろんな機能が追加され、私はその変化について行けない。
  6. 滄海変じて桑田となる、この町は世界有数の大都会なだけあって、訪れるたびに姿が変わっている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事