【好いた水仙好かれた柳】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
好いた水仙好かれた柳

【読み方】
すいたすいせんすかれたやなぎ

【意味】
相思相愛の男女の様子のたとえ。

【スポンサーリンク】

「好いた水仙好かれた柳」の使い方

健太
ともこちゃんと僕は好いた水仙好かれた柳だっていう噂があるんだよ。
ともこ
ええーっ。やめてほしいわ。そんなのデマだってちゃんと言ってよ。健太くんが相手なんていやよ。もっとかっこいい人がいいわ。
健太
そんなに全力で嫌がられると、僕はひどくつらいじゃないか。
ともこ
あら。つい本音が出てしまったわ。ごめんなさいね。

「好いた水仙好かれた柳」の例文

  1. あのカップルは、きっと好いた水仙好かれた柳なんだろう、とても離れがたそうにしています。
  2. 好いた水仙好かれた柳であるリア充な二人を見ていると、僕も彼女が欲しくなってうらやましくなりました。
  3. 彼らは好いた水仙好かれた柳なんだから、横やりを入れて邪魔しちゃだめだよ。
  4. 晴れて好いた水仙好かれた柳となった二人は、毎日がとても幸せそうです。
  5. 好いた水仙好かれた柳なんだけど、学校の友達にばれたくないからという彼の要望のために、学校内では仲が悪いふりをしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事