【他山の石以て玉を攻むべし】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
他山の石以て玉を攻むべし

【読み方】
たざんのいしもってたまをおさむべし

【意味】
他人のつまらない言動を、自分の手本にするというたとえ。
また、自分の関係ないところで起きた事柄でも、自分にとって参考になることもあるということ。

【語源・由来】
「詩経(しきょう)」小雅(しょうが)・鶴鳴(かくめい)
「它(=他)山の石、以て玉を攻むべし」
よその山から出た粗悪な石でも、それを砥石(といし)に使えば自分の玉を磨くのに役立つ。
と、あることに基づく。

【類義語】
・人の振り見て我が振り直せ(ひとのふりみてわがふりなおせ)
・人こそ人の鏡(ひとこそひとのかがみ)
・殷鑑遠からず(いんかんとおからず)
・前車の覆るは後車の戒め(ぜんしゃのくつがえるはこうしゃのいましめ)

【対義語】

【英語訳】
A whetstone for the wits.
The fault of another is a good teacher.

「他山の石以て玉を攻むべし」の使い方

健太
さっき、友だちが先生に怒られていたよ。
ともこ
昨日のテストの時に、隣の席の人の解答を盗み見たらしいわ。
健太
そ、そんなことをしてはいけないよね。ぼくも気を付けるよ。
ともこ
他山の石以て玉を攻むべしというものね。

「他山の石以て玉を攻むべし」の例文

  1. この不祥事を、他山の石以て玉を攻むべしとすべきだ。
  2. 彼女の失敗を、他山の石以て玉を攻むべしとする。
  3. この事故を、他山の石以て玉を攻むべしとして、これから安全管理に努めなくてはならない。
模範の意味で使ったり、自分と関わりのないという意味で使ったりするのは誤り。
「先生の生き方を、他山の石以て玉を攻むべしとしていきます。」
「その事件は私とは、他山の石以て玉を攻むべしですよ。」
などと使うのは誤りなので、注意が必要。

まとめ

他山の石以て玉を攻むべしというように、自分とは関りがないように思うことでも、参考になることはたくさんあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事