【足るを知る者は富む】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
足るを知る者は富む

【読み方】
たるをしるものはとむ

【意味】
満足することを知っている者は、生活が貧しくても精神的には豊であるということ。

【語源・由来】
「老子(ろうし)」より出典。

「足るを知る者は富み、強(つと)めて行う者は志有り」
満足することを知っている者は富者であるといえるし、努力して道を行おうとする者は志がある者だといえる。
と、あることに基づく。

【類義語】
・足るを知るは第一の富なり(たるをしるはだいいちのとみなり)
・富は足るを知るにあり(とみはたるをしるにあり)

【対義語】

【英語訳】
Content is the philosopher’s stone, that turns all it touches into gold.
Content is a kingdom.

「足るを知る者は富む」の使い方

健太
ともこちゃんは、今の生活で満足できているのかい?
ともこ
そうね。それほど贅沢はできないかもしれないけれど、毎日ご飯を食べることができて、好きな本を読めて幸せだと思っているわ。
健太
高級な食材を食べたいとか、宝石が欲しいとか、海外旅行へ行きたいとは思わないの?
ともこ
足るを知る者は富むということも、大切だと思うわ。

「足るを知る者は富む」の例文

  1. 足るを知る者は富むというけれど、彼女はいつも幸せそうに暮らしていて羨ましく思っている。
  2. 欲を出すとキリが無くなってしまう。足るを知る者は富むということは、大切なことだと思う。
  3. 贅沢をしているからといって、心が満たされるものではない。足るを知る者は富むということは素晴らしいことだ。

まとめ

人には欲があるので、次々に欲しいと思うものができ、それを手に入れたいと思うことがあるのではないでしょうか。
しかし、足るを知る者は富むというように、満足することを知るということは、とても大切なことではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事