【牛の歩みも千里】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
牛の歩みも千里

【読み方】
うしのあゆみもせんり

【意味】
牛のような速度でゆっくりと進んでいても、いずれは千里に届くということ。努力を怠らなければ、大きな成果を上げることができるというたとえ。

【スポンサーリンク】

「牛の歩みも千里」の使い方

健太
またテストで0点をとってしまったよ。僕はきっと勉強に向いていないんだろうな。
ともこ
健太くんは、まだ何にも努力をしていないじゃないの。牛の歩みも千里よ。毎日少しずつ勉強を積み重ねれば、その努力はいつか必ず報われるわ。
健太
こんな僕でも?
ともこ
健太くんでも大丈夫。必ず成績は上がるわ。

「牛の歩みも千里」の例文

  1. 目標が高く遠いものでも、牛の歩みも千里、あきらめず続けていれば、必ず成功します。
  2. あきらめたらそこで終わりだよ、牛の歩みも千里、あきらめないことが大事なんだ。
  3. 牛の歩みも千里、ヘレンケラーだって、あきらめなかったから話すことができるようになったじゃないか。
  4. 日々の努力が、牛の歩みも千里、必ず来る未来への種まきになる。
  5. 牛の歩みも千里、人と同じスピードじゃなくてもいい、遅くてもいい、自分のペースで着実に成功に向かっていくんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事