【吾日に吾が身を三省す】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
吾日に吾が身を三省す

【読み方】
われひにわがみをさんせいす

【意味】
一日に何度も自分の言行をふりかえってみて、過失のないようにすること。三省。

「三省」の「三」は、数多くの意味。

【語源・由来】
「論語」にある孔子の弟子のことば。「吾日に吾が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝えしかと。」から。

人の為に謀りて忠ならざるか(=人のために考えて心を尽くしているか)
朋友と交わりて信ならざるか(=友達に誠実であるか)
習わざるを伝えしかと(=自分がわかっていないことを人に言っていることがないかと)

「吾日に吾が身を三省す」の使い方

健太
どうして僕は、夏休みの宿題を早めに終わらせることが出来ないんだろう。
ともこ
吾日に吾が身を三省す。どこが悪いのか、毎日三回は省みてみたらいいんじゃないかしら。
健太
朝は寝坊して十時に起きるでしょう?昼は昼寝をしているでしょう?夜はゲームをしていて寝る時間が遅くなる・・・・。ああ、反省点がたくさん見つかったよ。
ともこ
これで、来年の夏休みは改善されそうね!

「吾日に吾が身を三省す」の例文

  1. 吾日に吾が身を三省す、自分の言動を毎日振返り、明日へとつなげていくことが大切です。
  2. 吾日に吾が身を三省す、反省することで、明日の私が今日の私より成長していることが望ましい。
  3. 吾日に吾が身を三省す、自分を省みて、自分で自分を律するのは、案外難しい。
  4. 吾日に吾が身を三省す、振り返るという毎日の小さな積み重ねが、未来の自分を作る。
  5. 吾日に吾が身を三省す、人生は、学んで反省し活かして行くの繰り返しです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事