【吾十有五にして学に志す】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
吾十有五にして学に志す

【読み方】
われじゅうゆうごにしてがくにこころざす

【意味】
十五歳の時に学問に志しを立てた。「有」は又の意味。十五は大学に入る年。「志学」は学問に志すこと、十五歳の異称。

【語源・由来】
「論語」為政より。孔子が一生を回顧して、その人間形成の過程を述べたもの。十五歳=学志、三十歳=而立、四十歳=不惑、五十歳=知命、六十歳=耳順、七十歳=従心と続く。

【スポンサーリンク】

「吾十有五にして学に志す」の使い方

健太
宿題ばっかりだし、勉強、勉強ってうるさく言われるから学校に行きたくないよ。
ともこ
吾十有五にして学に志す、学校は、単に学問を知的に習得することだけでなく、真の人間形成を目指すものでもあるのよ。目標をもって学問を志せば、大きく成長することが出来るはずよ。
健太
そうなのかなあ。今日勉強したことが役に立つ日がいつか来るのかなあ。
ともこ
役に立てるか立てないかは自分次第よ!

「吾十有五にして学に志す」の例文

  1. 吾十有五にして学に志す、十五歳で世界に羽ばたくために、海外に留学することを決めました。
  2. 吾十有五にして学に志す、十五歳で自分の進むべき道を見つけることが出来ている人は幸運だ。
  3. 吾十有五にして学に志す、祖母の病気に接したことで、医療の道に進むことにしました。
  4. 吾十有五にして学に志す、良き恩師に出会ったことがきっかけで、教師を目指すことにしました。
  5. 吾十有五にして学に志す、たくさんの友達を作りたいので、いろんな国の言葉を学ぼうと思いました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事