【夕立は一日降らず】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
夕立は一日降らず

【読み方】
ゆうだちはいちにちふらず

【意味】
夕立は一時的に強く降っても長続きしない。

【語源・由来】
夕立は一時的なものであることから。

【スポンサーリンク】

「夕立は一日降らず」の使い方

健太
夕立が降って来たね。
ともこ
夕立は一日降らずっていうから、一時的なものだと思うわ。
健太
雨雲レーダーによると、あと30分で晴れそうだよ。
ともこ
30分図書館で時間を潰しましょう。

「夕立は一日降らず」の例文

  1. 夕立は一日降らずというから、やむまで雨宿りしていよう。
  2. 夕立は一日降らずというので、しばらくすればやむだろう。
  3. 夕立は一日降らずといわれるから、帰るころには晴れているかもしれない。
  4. 夕立は一日降らずというが、少しでも濡れたくないからタクシーで帰る。
  5. 夕立は一日降らずというので、明日の朝には晴れているはずだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪