【蛇は寸にして人を呑む】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
蛇は寸にして人を吞む

「蛇は一寸にして人を呑む」ともいう。

【読み方】
じゃはすんにしてひとをのむ

【意味】
優れた者は、幼少の頃から人並みはずれた資質や才能を備えているということ。

【語源・由来】
大蛇はまだ一寸(約3cm)ほどの大きさしかない頃から人を呑み込もうとする気迫を持っているものだという意味から。
蛇の道は蛇の「蛇」 は「悪い人」を指すが、蛇は寸にして人を呑むの「蛇」は他者を圧倒する「迫力ある人、すぐれている人」を指す。

【類義語】
・啄木鳥の子は卵から頷く
・虎子地に落ちて牛を食らうの気あり
・蛇は一寸にしてその気あり
・蛇は一寸にしてその気を得る
・食牛の気
・栴檀は双葉より芳し
・梅花は莟めるに香あり
・実の生る木は花から知れる
・竜の子は小さしといえども能く雨を降らす
・竜は一寸にして昇天の気あり
・良竹は生い出るより直ぐなり

【対義語】
・氏より育ち
・秀才は晩成にしかず
・大器晩成
・十で神童十五で才子二十過ぎればただの人

【英語訳】
Genius comes out of the young time.


「蛇は寸にして人を吞む」の使い方

健太
ともこちゃんは、何でも器用にこなすけれども、小さいころからそうだったの?
ともこ
小さいころは普通の子よ。私は努力し続けたことで、今の私があるから蛇は寸にして人を呑むような天才じゃないわ。
健太
僕は、生まれてすぐ言葉を発したような、神童なのかと思っていたよ。
ともこ
いくら蛇は寸にして人を呑むような天才でも、生まれてすぐ言葉は発しないでしょう。

「蛇は寸にして人を呑む」の例文

  1. 噂の新人棋士は、普段は子どもだねと思う仕草を見せるけど、将棋盤の前に座ったとたん蛇は寸にして人を呑むような気迫を見せるんだ。
  2. 彼女の演奏は、六歳にして蛇は寸にして人を呑むような圧倒的な才能の差を見せつけるものだった。
  3. 彼は蛇は寸にして人を呑むように、小さいころから何事も習得が早くて他の子とは違うと思わせる存在だった。
  4. 彼女のスケートの才能は、蛇は寸にして人を呑むように、幼稚園の頃から発揮され、多くの人に期待されていた。
  5. 彼は、蛇は寸にして人を呑むように、幼稚園の頃に自力で分数の計算を学び、周りを驚かせた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事