「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【愛、屋烏に及ぶ】の意味と使い方や例文(類義語・対義語)

愛、屋烏に及ぶ

「愛、屋烏に及ぶ」の意味とは?(類義語・対義語)

意味【ことわざ】
愛、屋烏に及ぶ

【読み方】
あい、おくうにおよぶ

【意味】
人を愛すると、その愛する人が住んでいる家の屋根に留まっている烏をも愛するようになるように、愛する相手自身だけでなくその人に関係するすべてのものに愛情を注ぐようになること。

ことわざ博士
「愛、屋烏に及ぶ」ということわざは、人を愛すると、その人の家の屋根にいるカラスまで好きになるという意味があるんだよ。

つまり、愛する人に関連するものや周りのものも一緒に好きになることを表しているんだ。

助手ねこ
おお、それはロマンチックなことわざやなぁ。つまり、「好きな人を愛すると、その人の家のカラスまで好きになっちゃうんや」ってことやな。

愛する人に関わるものや、その周りのものまで愛し始めるんやで。なんやかんやで、愛ってすごいなぁ。

【類義語】
・屋烏の愛
・愛は屋上の烏に及ぶ

【対義語】
・坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

【スポンサーリンク】

「愛、屋烏に及ぶ」の使い方

健太
ともこちゃん。そのチョコレートおいしいよね。
ともこ
健太くん。甘いものは苦手じゃなかったっけ?
健太
僕の大好きな彼女のお父さんが、その会社の重役なんだよ。
ともこ
苦手なチョコレートまで愛してしまうなんて、愛、屋烏に及ぶってやつね。

「愛、屋烏に及ぶ」の例文

例文
  1. 愛、屋烏に及ぶというけれども、健太くんは彼女を愛するあまりただしい判断力を失っています。
  2. 健太くんは、愛、屋烏に及ぶというように、人生のすべてが彼女色に染まってしまっています。
  3. 彼女のおならすら愛おしく思える健太くんは、まさに愛、屋烏に及ぶ、幸せな人だねえ。
  4. 愛、屋烏に及ぶという状態の健太くんは、もっと恋に冷静になるべきです。
  5. 健太くんの彼女への愛は、愛、屋烏に及ぶというようにとても深い愛情です。

【2023年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪