【縁は異なもの味なもの】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
縁は異なもの味なもの

【読み方】
えんはいなものあじなもの

【意味】
男女の結びつきは不思議なもので、どこで出会うかわからない予想のつかない面白さがあるという意味です。

【語源・由来】
理屈では説明できない出会いがあり、思いもよらない男女が結ばれた事が由来となります。
「江戸いろはかるた」の中の「ゑ」です。

「異なもの」を「奇なもの」と書く事がありますが、これは間違いです。
発音が似ている事が原因ですね。
「縁」とは「えにし」とも読みます。
仏教用語でもあり、巡り合わせという意味です。

【類義語】
・縁は異なもの
・縁は味なもの
・縁は知れぬもの
・合縁奇縁
・出雲の神の縁結び

出雲の神とは、出雲大社の祭神で、縁結びの神様としても知られている大国主命(おおくにぬしのみこと)の事です。
毎年神無月(10月)になると日本中の神様が出雲に集まって、男女の縁を結ぶと信じられています。

【英語訳】
・Marriages are made in heaven.
・Marriage is a lottery.
・Marriage is wonderful.
・True love is like a ghost; everyone talks of it, few have seen it.

【スポンサーリンク】

「縁は異なもの味なもの」の使い方

健太
僕驚いちゃったよ。この前友達の家に遊びに行ったら、友達の叔母さんが結婚報告に来てたんだ。
ともこ
あら素敵ね。おめでたい事だわ。
健太
ところがさ、その叔母さんの結婚相手の男の人の顔を見て驚いたよ。だって僕の父方の叔父さんだったんだ!
ともこ
すごい!縁は異なもの味なものとは言うけど、本当に思いもよらないわね!

「縁は異なもの味なもの」の例文

  1. 縁は異なもの味なものとは良く言ったもので、女性に縁がないと思っていた後輩が、10年ぶりに再会した高校時代の同級生と意気投合して交際を始めたらしい。
  2.  高価なプレゼントを贈っても女性に振り向いてもらえなかった僕だったけど、あるクリスマスの夜、駅の改札口でPASMOも財布もなくして困っていた女性に切符を買ってあげた。彼女に切符を渡すとき「メリークリスマス」と言って。縁は異なもの味なものと言うけど、それが縁で彼女と結婚した。
  3.  無口過ぎで誰も声を聴いたことがない彼と、おしゃべり大好きな彼女が結婚するなんて、本当に縁は異なもの味なものね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事