【袖振り合うも多生の縁】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
袖振り合うも多生の縁

「袖振り合うも他生の縁」
「袖すり合うも他生の縁」ともいう。

【読み方】
そでふりあうもたしょうのえん

【意味】
どんなささいなことでも、偶然に起こっていることではなく、前世からの因縁によるものだから、道で見知らぬ人と袖が振れあうようなことでも、大切にせよというたとえ。

【語源・由来】
「上方いろはかるた」のひとつ。

「多生」「他生」は、何度も生まれ変わるという意味の、仏教用語。
着物の袖が振れあうというような、ちょっとしたことでも、偶然に起きたことではないという考え。
「多生(他生)の縁」とは、前世からの因縁という意味。

【類義語】
・つまずく石も縁の端
・一樹の陰一河の流れも他生の縁(いちじゅのかげいちがのながれもたしょうのえん)

【英語訳】
Even a chance acquaintance is decreed by destiny.


「袖振り合うも多生の縁」の使い方

健太
ともこちゃんと知り合えたことは、偶然じゃないと思っているんだ。
ともこ
どうしたの?健太くん。
健太
袖振り合うも多生の縁というからね。
ともこ
そうね、私もそう思うわ。

「袖振り合うも多生の縁」の例文

  1. 袖振り合うも多生の縁と言いますから、これからよろしくお願いします。
  2. ここで知り合えたことは、袖振り合うも多生の縁というように大切にしたいですね。
  3. 袖振り合うも多生の縁と言うでしょ。せっかく同じチームになったのだから協力しましょう。
  4. 偶然がきっかけでお話をしましたが、袖振り合うも多生の縁と言いますから、仲良くしましょう。
  5. 袖振り合うも多生の縁と申しますから、前世もどこかでお会いしているのかもしれませんね。

まとめ

人と人が出会うということは、とても不思議な縁の力に引き寄せられているようですね。
袖振り合うも多生の縁というように、もしかしたら前世に関わりのあった人かもしれないと、縁を大切にすることは良いことではないでしょうか。
人と人との繋がりを大切にしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事