【蛇に足無し魚に耳無し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
蛇に足無し魚に耳無し

【読み方】
へびにあしなしうおにみみなし

【意味】
それぞれの動物の特徴をいった言葉。
当たり前だということ。

【語源・由来】
蛇は足がなくても、這って進むことができる。また、魚は耳がなくても感じることができるということから。
「淮南子(えなんじ)」説林訓
「蛇は足無くして歩き、蝉は口無くして鳴き、魚は耳無くして聞く」ともいう。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
The feature of each animal.

「淮南子(えなんじ)」とは、前漢(ぜんかん)の武帝の頃に淮南王劉安が学者を集めて編纂させた思想書のこと。
日本へはかなり古い時代に入ったため、漢音の「わいなんし」ではなく、呉音で「えなんじ」と読むとされている。
「淮南鴻烈(わいなんこうれつ)」ともいう。
劉安・蘇非・李尚・伍被らが著作したとされている。
【スポンサーリンク】

「蛇に足無し魚に耳無し」の使い方

健太
どうして、毎日早起きをして学校へ行かなければならないのかなぁ。
ともこ
それは、私たちには学ばなければならないことが、たくさんあるからよ。
健太
勉強をたくさんしたら、賢い大人になれるのかなぁ。
ともこ
蛇に足無し魚に耳無しよ。そんなこと、聞かなくてもわかるでしょう。

「蛇に足無し魚に耳無し」の例文

  1. 夜が終われば、また朝が来るのかと聞かれた。そんなことは、蛇に足無し魚に耳無しだろう。
  2. 幼い弟には、目に映るものすべてが不思議なのかもしれないが、ぼくには蛇に足無し魚に耳無しということばかりだ。
  3. それほど珍しいものではないだろう。この地域では、蛇に足無し魚に耳無しというような方法だよ。

まとめ

蛇に足はなく、魚に耳もありませんね。しかし、それを補うような能力を持っていますね。
蛇に足無し魚に耳無しというように、それぞれの特徴を並べて、誰もが知っているということから、当たり前という意味で使う言葉とは、とてもおもしろいですね。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事