【親しき中にも礼儀あり】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
親しき中にも礼儀あり

【読み方】
したしきなかにもれいぎあり

【意味】
とても親しく仲の良い関係であっても、礼儀は守るべきであり大切なことであるというたとえ。
相手への心づかいを忘れてしまうと、不和のもとになるというたとえ。

【語源・由来】
仲の良い間柄であっても、度を過ぎて馴れ馴れしくするのは避けるべきだという教え。

【類義語】
・心安いは不和の基(こころやすいはふわのもと)
・親しき仲に垣をせよ(したしきなかにかきをせよ)

【英語訳】
A hedge between keeps friendship green.

「親しき仲にも礼儀あり」とも書く。
「近しき中にも礼儀あり」ともいう。
【スポンサーリンク】

「親しき中にも礼儀あり」の使い方

健太
ともこちゃん、遊びに来たよ!
ともこ
いらっしゃい、健太くん。
健太
ちょっとおやつとジュース出してくれる?
あと、ともこちゃんのテレビゲーム使うよ。
ともこ
待って、健太くん。
親しき中にも礼儀ありよ。

「親しき中にも礼儀あり」の例文

  1. 先輩に対してそんな口の利き方はないだろう。親しき中にも礼儀ありだ。
  2. いつも遊びに行っているからって、親しき中にも礼儀ありなのだから、少しは遠慮したほうがいい。
  3. なんでも言い合える間柄とはいえ、親しき中にも礼儀ありで最低限の気づかいは必要だろう。
  4. 先生と仲がいいのはいいけれど、親しき中にも礼儀ありだから、あまりなれなれしくしてはいけないよ。
  5. 親しき中にも礼儀ありに気を付けて、末永く良い友人でいたいものだ。
「礼儀」とは、相手に対してきちんとあいさつをしたり、感謝の気持ちを行動や言葉で表したりすること。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事