【地震雷火事親父】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
地震雷火事親父

【読み方】
じしんかみなりかじおやじ

【意味】
世の中でおろそしいとされるものを、順番に並べた言葉。

【語源・由来】
第一に地震、第二に雷、第三に火事、第四に父親が怖いと考えられていたことが由来。
地震と雷は天災、火事は人災で、いずれも人命に関わる。
これらに匹敵して恐ろしいのが、父親ということ。

【英語訳】
earthquakes,thunder,fires,fathers.

「親父」が、とても怖い存在であったのは、家父長制という年長の男性によって家族を支配することが多かったときのことで、現在は変化している。
「親父」を、「親爺」と書く場合もある。
「親父」ではなく、「女房」や「津波」などに置き換えて使うこともよいだろう。
【スポンサーリンク】

「地震雷火事親父」の使い方

健太
えへん、えへん!
ともこ
どうしたの?健太くん。
健太
僕は将来、地震雷火事親父と言われるような、怖い父親になろうと思っているんだ。
ともこ
そうなの?
健太くんは、優しいお父さんになるのが似合っていると思うわ。

「地震雷火事親父」の例文

  1. うちの父は、地震雷火事親父の言葉通りに怖い存在だ。
  2. 地震雷火事親父というけれど、あとのふたつはともかくとして、はじめのふたつはこのところ心配なことが多い。
  3. 天災はどうにもできないけれど、今はもう、地震雷火事親父の「親父」は影が薄くなってしまった家庭が多いようだ。
  4. 地震雷火事親父よりも、もっと恐ろしい戦争の話を聞くことができた。
  5. お隣のお宅のお父さんは、「うちは、地震雷火事親父ではなくて、地震雷火事女房だ」と苦笑いをしていた。
「親父」ではなく、「大山風(おおやまじ)」「大風(おおやじ)」という、現在でいうところの台風のことを表しているという説もあります。

まとめ

父親がとても恐ろしい存在であった時代を経て、現在では頼もしくもあり、優しい父親が増えたのではないでしょうか。
地震や雷、そして火事に匹敵するほどの怖さを持ったお父さんも、家族を守るために日々頑張っていることは、昔も今も変わらないのではないでしょうか。
家族のためにいつも頑張っているお父さんに、感謝の言葉を伝えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事