【一敗地に塗れる】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
一敗地に塗れる

「一敗、地に塗れる」と切って読む。

【読み方】
いっぱいちにまみれる

【意味】
二度と立ち上がることができないほど、徹底的にうち負かされることのたとえ。

【語源・由来】
「史記・高祖本紀」による。
「今将を置くこと善からざれば、一敗地に塗れん」といったとされることが由来。
一度の戦いで、大敗して倒れた死傷者が地面に踏みにじられて、泥まみれになったことから。

【類義語】
・肝脳地に塗る

【英語訳】
To meet with defeat.
It is that I am defeated thoroughly so as to be able to never stand up.

「血にまみれる」と混同して、「一敗血に塗れる」と書くのは誤りなので注意が必要。
【スポンサーリンク】

「一敗地に塗れる」の使い方

ともこ
昨日の試合は残念だったわね。
健太
仲間のピッチャーが次々に打たれてしまって、どうにもならなかったんだ。
ともこ
一敗地に塗れてしまったのね。
健太
ぼくはベンチで応援することしかできなかった。

「一敗地に塗れる」の例文

  1. 昨日のサッカーの試合では、相手チームの総攻撃を受けて、僕たちのチームはあえなく一敗地に塗れた
  2. なす術なく一敗地に塗れて、再起不能になってしまった。
  3. これほどの敗北を味わうとは思っていなかった。一敗地に塗れるとはこのことをいうのか。
  4. 激しい競争に一敗地に塗れて、ついに倒産してしまった。
  5. みんなで努力はしたものの、それも敵わず一敗地に塗れた
完全にやられてしまうという意味なので、僅差での敗北に使うのは誤りなので注意が必要。
「決勝戦ではあと一歩というところで、一敗地に塗れた」と使うのは誤り。

まとめ

一敗地に塗れるというほど、負けてしまうことはとてもつらいことではないでしょうか。
しかし、それであきらめてしまわずに、もう一度挑戦したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事