【一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲む】の意味と使い方の例文(語源由来・類語)

【ことわざ】
一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲む

【読み方】
いっぱいはひとさけをのむ、にはいはさけさけをのむ、さんばいはさけひとをのむ

【意味】
大量に酒を飲むと、自制が利かなくなるというたとえ。
最初は人が酒を飲んでいるが、酔ってくると人が酒に飲まれてしまうということ。

【語源・由来】
お酒は飲み過ぎず、ほどほどにするのが良いことを戒めている言葉。

【類義語】
・酒極まって乱となる(さけきわまってらんとなる)
・酒は三献に限る(さけはさんこんにかぎる)
・酒は諸悪の基(さけはしょあくのもと)
・酒は飲むとも飲まるるな(さけはのむとものまるるな)
・酒は飲むべし飲むべからず(さけはのむべしのむべからず)

【英語訳】
Three drinking states.

【スポンサーリンク】

「一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲む」の使い方

健太
昨日お父さんが家でお酒を飲んでいたんだ。
ともこ
そうなの。
健太
だけど、たくさん飲み過ぎてとても酔っぱらってしまって、大変だったよ。
ともこ
一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人飲むというものね。

「一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲む」の例文

  1. お酒を飲むことをやめろとは言わないけれど、一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲むというのだから、ほどほどにしておかなければならないよ。
  2. 祖父はお酒がとても好きだ。しかし、一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲むということを気を付けなくてはいけないと話している。
  3. 一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲むというけれど、泥酔して帰ってくる父に教えたい言葉だ。

まとめ

お酒を飲むことが楽しいということも、あるのではないでしょうか。
しかし、お酒を飲み過ぎることは体にもよくないのではないでしょうか。
一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲むということを心がけながら、適度にお酒を楽しみたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事