【一将功成りて万骨枯る】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
一将功成りて万骨枯る

【読み方】
いっしょうこうなりてばんこつかる

【意味】
功績が上に立つ者だけのものとなって、下に働く者や陰になって苦労した人たちの努力は報われないというたとえ。

「万骨(ばんこつ)」とは、多くの人の骨のこと。

【語源・由来】
中国・唐の曹松(そうしょう)「己亥歳(きがいのとし)」による。

唐の時代の末期には、各地に多くの戦乱が起こっていた。
将軍が功名を争う陰には、犠牲になった無名の兵などたくさんの屍(しかばね)が戦場にさらされていることを嘆いたことが由来。

【英語訳】
It is the blood of the soldiers that makes the general great.

【スポンサーリンク】

「一将功成りて万骨枯る」の使い方

健太
あいつはひどいよ!
ともこ
健太くん、なにかあったの?
健太
夏休みにみんなで協力して自由研究をしたのに、あいつは自分だけのものだと発表して、先生に褒められていたんだ。
ともこ
まあ、一将功成りて万骨枯るだったのね。

「一将功成りて万骨枯る」の例文

  1. みんなで協力して企画した計画だったのに、成功したら部長は自分だけの手柄にするなんて、一将功成りて万骨枯るじゃないか。
  2. たくさんの人があの作品を作るために力を貸したけれど、彼は自分の作品だと発表して賞をもらったなんて、一将功成りて万骨枯るだよ。
  3. あの会社の社長は、一将功成りて万骨枯るというらしくて、たくさんの社員が会社をリストラされているようだよ。
  4. あれほど協力したけれど、部下のことを無視して自分だけ受賞するなんて、一将功成りて万骨枯るとはこのことをいうのか。
  5. 社長は自分が苦労をして会社を大きくしたと話していたけれど、一将功成りて万骨枯るというように、どれほどの犠牲があったかわからない。

まとめ

一人だけの力で大きな成功をおさめるということは、なかなかむずかしいことではないでしょうか。
どこかで助けられていたり、協力してもらったりしたことによって、成功につながっているかもしれません。
感謝の気持ちを忘れずに暮らしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事