【一寸の光陰軽んずべからず】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
一寸の光陰軽んずべからず

【読み方】
いっすんのこういんかろんずべからず

【意味】
人生は短いのだから、わずかの時間でも無駄にしてはならないといういましめ。

「光陰」は、日と月のことで時間を現している。

【語源・由来】
中国の朱子の詩「偶成(ぐうせい)」
「少年老い易く学成り難し(わかい時期は短いのに学問は完成しがたい)、一寸の光陰軽んずべからず」に基づく。

【類義語】
・時は金なり(ときはかねなり)

【英語訳】
Art is long,life is short.

【スポンサーリンク】

「一寸の光陰軽んずべからず」の使い方

健太
先週おばあちゃんの家に遊びに行ったら、将来なにになりたいか聞かれたんだ。
ともこ
健太くんはなんて答えたの?
健太
サッカー選手もいいけど、お医者さんになりたいと答えたよ。
ともこ
すぐにでも勉強しなきゃいけないわね。一寸の光陰軽んずべからずだわ。

「一寸の光陰軽んずべからず」の例文

  1. 祖父に、若いうちにしっかり勉強しなさい、一寸の光陰軽んずべからずべですよ。と、教えられた。
  2. 大学へ進学を考えているのなら、遊んでばかりいないで勉強をしなさい。一寸の光陰軽んずべからずだよと母に言われている。
  3. 一寸の光陰軽んずべからずというように、研究に励もうと思っている。
  4. 受験が終わったけれど、一寸の光陰軽んずべからずといって、のんびりしているわけにはいかない。
  5. 兄は遊びに忙しいようだ。僕は一寸の光陰軽んずべからずだと思い勉強をしよう。

まとめ

楽しいことをしている時には、時間が経つのが早いと感じるのではないでしょうか。
しかしなにをしていても時の流れは変わらずに、止まることもありません。
人生という限られた時間を、大切に使いたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事