【いざ鎌倉】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
いざ鎌倉

【読み方】
いざかまくら

【意味】
「一大事が発生した。さあ、鎌倉へ」という意味で、平時に緊急事態が生じた場合に使う。

【語源・由来】
謡曲「鉢木」より。鎌倉幕府の執権職を辞した北条時頼が諸国を視察中、大雪の夜に佐野源左衛門尉常世の家に泊まり、梅・松・桜の鉢の木を焚いてもてなされる。その時に常世が語る「一族の者に所領を奪われてしまって、今は、こうして落ちぶれてしまいましたけど、これでも、甲冑や長刀(なぎなた)や馬なんかは、いつでも使えるように、常に備えています。いざ!という時は、いの一番に鎌倉に馳せ参じて、敵陣に突っ込む覚悟でおります」ということばによる。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
case that something major happens
event of an emergency
when it comes to the crunch


「いざ鎌倉」の使い方

健太
僕は、ともこちゃんに何かあった時は、いざ鎌倉!って駆けつけるから安心して。
ともこ
ええー。ありがたいけれども、健太くんが駆け付けてくれても、きっと見守ってくれるだけで、何にもしてくれない気がする。
健太
ともこちゃん、そんなこと言わないでよ~。
ともこ
健太くん。冗談よ。ありがとう。

「いざ鎌倉」の例文

  1. いざ鎌倉という事態が生じた場合に備えて、別の企画を用意しておいたんです。
  2. いざ鎌倉という事態に備えて、日ごろからシミュレーションするべきだ。
  3. 大きな地震があったときいて、親しい人たちの顔が頭に浮かび、いざ鎌倉と着の身着のまま家を飛び出した。
  4. いざ鎌倉っていう時に役に立たないのでは、連れてきた意味がないじゃないか。
  5. 君みたいなあわてものは、今から心の準備をさせておかないと、いざ鎌倉というときになってとち狂うことになるからと思って、活を入れておいたんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事