【揚げ足を取る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
揚げ足を取る

【読み方】
あげあしをとる

【意味】
言葉尻をとらえたり、言い間違いにつけこんだりして相手をやりこめること。

【語源・由来】
相撲で、相手の地面から浮いた足を取って倒そうとするところからきたことば。

【類義語】
・言葉尻をとらえる
・重箱の隅をつつく

【対義語】

【英語訳】
to find fault with someone
to flame someone
to trip up somebody

【スポンサーリンク】

「揚げ足を取る」の使い方

健太
政治家の討論番組を見ていたんだけどね、相手がまだ話をしているのに、少しの言葉の間違いを指摘するためだけに、相手の話をさえぎっているのを見て大人げないなと思ったよ。
ともこ
ああいう番組に出る政治家は、人の間違いを指摘するような揚げ足を取ることばかり上手で、自分の意見がないわよね。しかも人の話を聞かない・・・。
健太
そうなんだよね。政治家って僕より間違いなく頭がいいのに、見ていて不愉快だし同意できないんだよね。
ともこ
こうやって、若者の政治不信が進むのよね。

「揚げ足を取る」の例文

  1. 今回のテストはあまりできなかったと言っている健太くんの揚げ足を取って、今回もでしょ?とともこちゃんが言った。
  2. 彼女の出した提案の揚げ足を取ってしまったが、ならば、自分の意見を言えと彼女に言われて、言い返せなくなってしまった。
  3. 彼は、人の揚げ足を取って、反論できなくさせた上に、相手に負けを認めさせるのが上手だから、絶対に気を付けるんだぞ。
  4. 君は、僕の揚げ足を取ってばかりいるけれども、じゃあ、僕は一体どうしたらいいのか具体的に言ってみてくれないか?
  5. あの人は、言葉の揚げ足を取ってばかりいるから、あまり話したくないし、好きじゃない。

まとめ

人間が蹴るときに足を上げると、重心は後方に移動する。このまま静止するのは難しく不安定である。この時、「揚げ足」の上昇に合わせて、足を取ると、人間は力学的に見てもひっくり返る。ここから、揚げ足を取るという言葉が生まれた。揚げ足を取る人と話をしていて、悔しい思いをすることが、よくあるが、揚げ足を取る人で頭がいい人はあまりいないし、器が小さい人が多いので、変な人に出会ってしまったと思って流すようにすると良いと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事