【石の上にも三年】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
石の上にも三年

【読み方】
いしのうえにもさんねん

【意味】
「三年」は三年ちょうどの意味ではなく、多くの月日を表している。石の上にも三年とは、つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということ。

【語源・由来】
冷たい石でも三年間座り続ければ暖まることから転じて、何事にも忍耐強さが大切だということ。

【類義語】
・雨の後は上天気
・嵐の後には凪がくる
・茨の中にも三年の辛抱
・牛の歩みも千里
・菰の上にも三年
・三年居れば温まる
・辛抱する木に金がなる
・火の中にも三年
・待てば海路の日和あり
・待てば甘露の日和あり
・石の上にも三年居れば暖まる

【対義語】

【英語訳】
A rolling stone gathers no moss.
Perseverance kills the game.
Three years on a stone.

【スポンサーリンク】

「石の上にも三年」の使い方

健太
昨日は徹夜で勉強したのに、テストが全然解けなかったんだ。
ともこ
健太くん、石の上にも三年っていうでしょう?一日がんばったからって、結果が出るものではないわ。空手だって、一週間練習したからって優勝できるわけではないでしょう?
健太
わかってはいるんだけど、今回のテストでいい成績を取らないとお小遣いをもらえなくなるから、なんとかしたかったんだ。
ともこ
次のテストまで頑張り続けて、お母さんに納得してもらえばいいじゃない。

「石の上にも三年」の例文

  1. 石の上にも三年というじゃない、もう少し辛抱して頑張ってみなさいよ。
  2. 石の上にも三年という言葉通り、この道一筋で頑張ってきたかいがあって、勲章をもらうまでになれた。
  3. 小説家になりたいなら、石の上にも三年という覚悟を持ってやらないといけないと思うよ。
  4. 石の上にも三年という言葉があるが、習い始めたばかりの頃の彼女とは別人のようで、ここまでくるのに、長い間、相当がんばったのだろうなと思った。
  5. 石の上にも三年という言葉にあるように、あきらめずに続けないと結果はついてこないよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事