【叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼え】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼え

【読み方】
かなわぬこいにこころをつくすよりいぬねこをかえ

【意味】
叶わぬ恋にいろいろ思い悩んで心をわずらうより、飼い主の愛情に応えてくれる犬や猫を飼った方がましであるということ。

【スポンサーリンク】

「叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼え」の使い方

ともこ
お姉ちゃんが犬を飼い始めたのよ。
健太
叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼えっていうからいいじゃないの。
ともこ
まだ若いのに、結婚はあきらめたってことよ。
健太
結婚しない人生もありだと思うよ!

「叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼え」の例文

  1. 叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼えという言葉を信じ、猫を飼ったら幸せになりました。
  2. 恋は時間の無駄、叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼えというけれど、ペットは私を裏切らない。
  3. 叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼えって全国のペットショップが伝道するべきだと思います。
  4. 少子化が進もうとも叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼え、余計なストレスが減ります。
  5. 叶わぬ恋に心を尽くすより犬猫を飼えというけれども、ペットを飼い始めてから、ともこちゃんがみるみる穏やかになっていきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事