【枯れ木も山の賑わい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】
枯れ木も山の賑わい

【読み方】
かれきもやまのにぎわい

【意味】
つまらないもの、必要ないものでもあった方がましであるという意味。

【語源・由来】
何もない山よりも、たとえ葉っぱ一枚付いていない枯れ木がある方が、それはそれで風情があり趣があるということが転じてきている。

【類義語】
・蟻も軍勢
・餓鬼も人数
・枯れ木も森の賑わかし
・枯れ木も山の飾り
・歪み木も山の賑わい

【対義語】
・無用の長物
・月夜に提灯

【英語訳】
・A bad bush is better than the open field.
・Anything is better than nothing.
・The more the merrier.

【スポンサーリンク】

「枯れ木も山の賑わい」の使い方

健太
明日親の仕事関係のパーティーがあるらしいんだけど、僕も一緒に行くみたいなんだ。
ともこ
どうしたの?何か不安なの?
健太
だって、パーティーなんて場違いな場所に僕がついて行ってもいいのかな?
ともこ
良いんじゃないの?枯れ木も山の賑わいって言うし、大丈夫だよ!

「枯れ木も山の賑わい」の例文

  1. 僕が参加するのも場違いな気がしますが、枯れ木も山の賑わいと言いますし御呼ばれさせて頂きますね。
  2. 私の手作りで申しわけありませんが、枯れ木も山の賑わいと思ってお使いください。
  3. 役に立つか分かりませんが、枯れ木も山の賑わいでやってきました。
  4. 枯れ木も山の賑わいの気持ちで今日は参加させていただきます。
枯れ木も山の賑わいということわざは、自分を謙遜して使う言葉なので相手には使用することは失礼。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事