【叶わぬ時の神頼み】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
叶わぬ時の神頼み

【読み方】
かなわぬときのかみだのみ

【意味】
信仰心のない人が、困ったことが起きて苦境に立たされると神仏に助けを祈り求めるということ。人間の身勝手さをいうことば。また、日ごろは近寄らない人に苦しくなると泣きつくたとえ。

【類義語】
・苦しい時の神頼み
・切ない時の神頼み
・事ある時は仏の足を戴く

【スポンサーリンク】

「叶わぬ時の神頼み」の使い方

ともこ
健太くん。最近、神社に通っているそうね。何かお願い事をしているの?
健太
そうなんだ。叶わぬ時の神頼みっていうでしょう?百点を取ることができますようにって神様にお願いに行っているんだよ。
ともこ
そんなの神様を困らせるだけじゃないの。しかも、神頼みをしている暇があったら、勉強をすればいいのに・・・。
健太
確かに。じゃあ、次にお参りに行くときは、勉強をする気になりますようにって頼んでくるよ!

「叶わぬ時の神頼み」の例文

  1. 叶わぬ時の神頼みとみんなが思うらしく、その神社は景気が悪ければ悪いほど参拝客が増える。
  2. 叶わぬ時の神頼みというように、宝くじを買う前と勝った後に、神様にお願いに行くことにしている。
  3. 息子は、普段は、連絡すら寄こさないのに、叶わぬ時の神頼みのように、お金に困った時だけ顔を見せる困った息子である。
  4. 叶わぬ時の神頼みをしたら、願いが叶ったので、それ以来、毎日お参りに行くようにしている。
  5. 君の信仰心は、叶わぬ時の神頼み程度のものだから、神様は聞いてくれないと思うよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事